2019年5月15日水曜日

京マチ子さん逝去

映画「羅生門」1950年の京マチ子さん 


戦後を代表する大女優・京マチ子さんが亡くなった。


昨日ニュースで知った。


京マチ子さんをそんなに知っていたわけではなかったが、学生時代に黒澤映画の羅生門で拝見していた。


その時の遠い記憶に「すごい演技の女性」という印象だけが残っていて、名前までは覚えていなかった。


それが20年以上経った去年、ふと「羅生門」をもう一回見ようとネットで鑑賞してみたところ、三船敏郎ももちろんよかったが、特に主演女優の演技力に圧倒された。


僕は、「あ!そうだ、昔見たときこの女性すごかったんだ」ということを思い出した。


羅生門の演技は、本当に戦後を感じさせない現代的な演技で、この女優の引き出しの多さと底知れぬ力強さを感じるものでした。


すかさずネットで検索し、京マチ子という名前だと知ったのでした。


僕の親ぐらいの世代の人には、京マチ子さんは知っていて当然かも知れないが、子供だった自分らにとって京マチ子さんは、テレビにあまり出てこなかった映画中心の女優さんでしたので、知ることがなかった。


でも、40を過ぎ、羅生門をもう一度見た時、若い頃には感じ得なかったその演技の奥深さ、さらに色褪せない新鮮ささえも感じたことは嘘ではありません。

その演技からいろんなことを学びました。



 天国で映画仲間と再会し映画話に花を咲かせて楽しくお過ごしください。ありがとうございました。






深堀隆介













2019年1月23日水曜日

「キラリと光った背中」…Today's Desk/Jan.23,2019


今日、描きかけの一升枡の作品に光が差し込んで、金魚の背中がキラリと光り美しく見えた。

一瞬この子の尾が動いたように見えので、すかさずカメラで撮った。



最近、また持病のように作品作りで深く思い悩んでしまっていたが

この金魚が「行け」とささやいたように聞こえた。

心が救われたような気がした。





15年前、横浜に移り住み制作活動を始めた頃、連日の作品作りで体はヘトヘトに疲れ、心はこのままやっていけるかという不安やストレスに押しつぶされそうになったことがあった。

力が抜けて膝からガクッと崩れ落ちた時、脳裏に「このまま行け」という声が聞こえた。

力が不思議と湧いてきて、また制作を続行することができた。


その時のことを思い出していた。




※制作中の作品の枡は、明治〜昭和初期と思われる古い一升枡。
表に「名古屋」の刻字がある。



深堀隆介
Riusuke Fukahori





















2019年1月1日火曜日

2019年あけましておめでとうございます。


Happy New Year 2019‼️
あけましておめでとうございます。
本年は、技術をもっと磨くことと、自分をもっと素直に出していこうと思います。
不束な点も多いかと思いますが、何卒お付き合いくだされば幸いです。


金魚養画場主
   深堀 隆介